2011年09月06日

バーミキュライトと籾殻

何日か前にニンジンの種を蒔いた。

全く同じ日に 2種類の方法を用いた

いずれも保水を考え、一つは バーミキュライト、もう一つは 籾殻を使ってみた。

これは、いわゆる実験に他ならない。


DSC_0004.jpg


これが籾殻を使った方法。

そして こちら↓がバーミキュライトを使った方法だ

DSC_0003.jpg

バーミキュライトの方が、発芽が目立つ。

籾殻とバーミキュライトの大きな違いはここにある。


もみ殻は、高い保水力を持つが 水分を多く含みすぎると通気性が失われ、全体がジメッとしてしまう。

バーミキュライトは、保水性に優れている上に通気性にも優れている。

手触りは、少し硬めの木くずのようなものだが その硬さゆえに 水分を多く含んでも ジメッとしないで 酸素と水分を効率よく運ぶことができるのではないか



posted by keny at 23:15| Comment(0) | バーミキュライト